楽しく安全なスキーとスノボに必要なルールやマナーを紹介するサイト

滑っている間、守るべきマナー

全体的なゲレンデマナー

(1)コース上に座らない
常に多数の人が滑っているコース上での座り込みは危険なので絶対にやめましょう。
どうしても疲れた場合などは、コースの端に避けてから。
動ける場合は、必ず所定の休憩スペースに行きましょう。
(2)ごみを捨てない
美観を損ねるだけでなく、大事故の原因となりますので、ポイ捨ては論外。
周囲にゴミ箱が無い場合が多いので、チャックの付いたポケットやバッグにしまう。
(3)上から死角になる場所で止まらない
ゲレンデで上から覗くと死角になる地点があるものです。
そういう場所で立ち止まると、衝突事故の危険性があります。
特に木の陰などでは立ち止まらないように。
(4)メインコースを滑る人が優先
ゲレンデではメインコースが地図で紹介されています。
基本的にはそのコースで滑っている人が優先なので、譲り合いの精神で。
(5)コース外に立ち入らない、滑走しない
コース外は整備されていないので非常に危険です。

リフトの乗り方、道具の安全な管理など

(1)持ち方
スノーボードはバインディング(履く側)を外側に向け、脇に抱えるように持つこと。
担ぐように持ったり、振り回すように持つのは非常に危険です。
スキーは板を2枚に重ね、その状態で運びましょう。
長いので、周囲に人がいない事を確認してから持ち運びましょう。
(2)履くとき
スノボの場合は、一度座って、ブーツの裏に付いた雪をしっかり取り払い、ビンディングにブーツをしっかりはめ込んでから、ビンディングを締めること。
スキーの場合も同様です。
(3)リフトに乗る時は
スノボの場合は、後ろの足を板から外して乗りましょう。
リフトの安全バーは必ず降ろしましょう。
乗っている時は揺らしたりせず、降りる時も飛び降りたりしないこと。
(4)リーシュコードを必ず付けよう
スノボが勝手に流れて他人に怪我をさせないように、足と板を繋ぎとめるリーシュコードを必ず装着しましょう。


この記事をシェアする