枕や布団が原因となる場合も

いくら肌を清潔にしていても、なぜか出来てしまうのが大人ニキビ。
原因として思い当たるものがないのになあ~なんていう方も多いのでは?

意外と盲点になりやすいのが、枕や布団など肌に直接触れる寝具に雑菌が繁殖してしまい、
これが原因となっている場合も多いようです。

カバー類をこまめに洗濯することはもちろんですが、
枕や布団の場合、中綿の部分は洗うことができないことがほとんどです。
日光が出ているときに、中綿の部分を干すようにして、
雑菌の繁殖を出来るだけ防ぐようにすることも、大人ニキビ対策のひとつであるといえます。

肌への刺激はよくない

お風呂で体の隅々まで、丹念にごしごしと洗っているのに、
どうしても大人ニキビが出来てしまうという場合には、
ごしごし洗うことが肌への過剰な刺激となってしまった結果、
大人ニキビの原因となってしまっている場合もあります。

汚れや皮脂を落とす為には、ちゃんとした洗浄効果のある
石鹸を使っていれば、ごしごしと洗わなくても大丈夫です。
石鹸をたくさん泡立てて、あくまでも優しく洗うようにすることで、
肌への刺激を少なくすることができます。

髪が触れる箇所も要注意

また、毛先が肌に触れることがおおい箇所なども、
肌への刺激となることから、大人ニキビの原因になってしまう場合があります。

これは髪も肌もいくら清潔にしていても、
よく触れる箇所では、肌への刺激となってしまうためです。

髪が短い男性などではあまりありませんが、
女性の方では、ほとんどの方が経験されているのではないかと思います。

髪が肌に触れないように、切ってしまうのが最も良いですが、
そういうわけにもいきませんので、
髪が触れる箇所で、ニキビの出来やすい箇所は、
できるたけ髪をまとめるなどの工夫をすることで、
大人ニキビを、ある程度防ぐことができるはずです。