ゲレンデの常識?スキー&スノボーで守るべきマナー

楽しく安全なスキーとスノボに必要なルールやマナーを紹介するサイト

スキーやスノボを楽しく滑るためのマナーを紹介するサイト

このページでは、ゲレンデで滑る前に覚えておくべき、確認しておくべきマナーを紹介します。 主に準備の段階で気を付けておくべき(他のお客さんに迷惑を掛けないための)マナーという視点から紹介していきます。 せっかくの楽しいゲレンデ、行ってから「後悔した」なんてことにならないように、事前確認を是非しましょう!

滑る前に何を気を付ければ良いのか?

このサイトは、ゲレンデでスキーやスノボを滑る際に、覚えておくべき、守るべきマナーについて紹介をしています。

先日の冬季オリンピックの日本選手大活躍もあり、ウィンタースポーツは今でも日本人に高い人気を誇っています。
バブル期のスキーから始まり、今ではスノーボードも加わって、ウィンタースポーツのシーズンでは、スキー客やスノボ客でゲレンデは賑わっています。
しかし、坂の上から高速で滑るスキーやスノボは、スキー場が定めたルールに従わなければ、常に危険が伴うスポーツであり、ルールを守らないことで、自分はおろか他人にまで怪我や不快な思いなどをさせかねません。

せっかくの楽しい思い出を嫌な思い出にしないように、定められているルールや、守るべきマナーを紹介していきます。

1ページ目では、ゲレンデに向かうまでに確認しておくべき事、道中のマナーを紹介します。
まだ滑っていないといっても、準備や向かう際に気を付けておくべき事は、色々とあったりします。

2ページ目では、実際にゲレンデで「さあ滑るぞ!」という段階、つまりスキーやスノボ中に守るべきルールやマナーを紹介します。
沢山の人が、次にどんな動きをするか分からない状態の中を、高速で滑っていくのですから、ルールを守らないと怪我の危険性もあります。
また、自然の中で滑るスポーツですので、環境を踏まえて事前にスキー場が提示しているルールやマナーに関する注意を守る事も、怪我防止や景観維持の為にも大事です。

3ページ目では、滑走後に気を付けておくべきマナーを紹介します。
楽しく滑り終えた後も、ゲレンデにはたくさんの人がいますし、これから滑りはじめる人もいます。全ての人が自分たちと同じく、楽しく滑れるような心がけをしていきましょう。

滑っている間、守るべきマナー

このページでは、スキー場で実際に滑っている時に、忘れてはいけないマナー、守るべきマナーを紹介していきます。 スキー場には、実にたくさんの人達が訪れます。そうした人達と一緒に滑るなら、お互いに楽しく滑りたいですよね。 ここで説明するマナーを守る事は、スキー場全体の雰囲気を良くする事にも繋がるのです。

滑って全て終わりじゃない!滑走後のマナーも確認しよう

このページでは、滑った後に気を付けるべきマナーをご紹介します。 自分たちの前にもたくさんの、自分たちの後にもたくさんのお客さんがゲレンデへ 滑りにやってきます。 自分がそんな先に(あるいは後に)やってきたお客さんだったら? 当然、気持ちよく滑れた方が良いですよね。 そんな周りも気持ちよくなるマナーの紹介です。